痔のことなんでもQ&A

2012.09.07更新

痔は、男性のかかるものというイメージが強いですよね。しかし、なんと男性よりも女性が かかりやすい症状なのです! 意外と悩んでいる女性は多いのです。
 一言で痔といっても大きく分けて3種類に分けられます。
まず一番多いのが'いぼ痔'です。. 肛門の周囲の血管がうっ血して腫れるもので、悪化してしまうと腫れの部分が肛門内部から外へ出てきてしまうこともあります。内部にある腫れは痛みがないので、自覚している人は少ないようですね。 
 二つ目は肛門の皮膚が傷ついて排便時にヒリヒリとした痛みや、出血を伴うこともあります。
 三つ目は穴痔と呼ばれるものでこれは肛門周囲が腫れて膿みがたまるといわれています。
特に女性の場合は専門医になかなか相談できず市販薬に頼っている方が多いそうです。もちろん市販薬で症状が改善されればよいのですが、2週間使ってみて改善されないようでしたら、専門医へ相談されることを勧めます。
 また薬以外でも自分自身で日ごろからできるケアをして排便時のトラブルを避けましょう。バランスのとれた食事をし、食物繊維をとったり、消化の良いものを意識してとりましょう。入浴時にもゆっくりと湯船につかり腰回りを冷やさないようにしましょう。また同じ姿勢を取り続けないなどいろいろと自分でできるケアもありますので、試してください。

投稿者: 医療法人邦友会曽我外科医院

医院へのお問い合わせ
医院へのお問い合わせ

医院紹介

048-882-4950
〒330-0072 埼玉県さいたま市
浦和区領家5-10-15
side_telsp.png
〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15

[平日]9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

[平日] 9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]
9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲ ブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa
  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa