ドイツ式フットケア
フスフレーゲブログ

2017.12.14更新

皆様こんにちは!埼玉県さいたま市の曽我外科医院に隣接する「フスフレーゲサロン」の代表、フスフレーガー曽我彩子です。
巻き爪になる原因に、「遺伝」「加齢」があります。
今日はそのお話をさせていただきましょう。

 

まず遺伝に関してですが、これは「ないわけではない」というレベルのお話で、ケースとしては本当に稀です。
たとえばくせっ毛の親御様から、必ずくせっ毛のお子様が生まれないのと同じと考えていただいてよいと思います。
ただ、これはとても面白いことなのですが、足の形や足の爪の形は親御様にそっくりということが一般的で、そのような意味で考えますと爪の質が似ているなど、遺伝と捉えてもよいのかもしれません。

 

そして加齢に関してですが、年齢が上がれば必ず巻き爪になるというお話でもないので、ご注意ください。
ただ皆様ご存知だと思いますが、高齢になるとだんだんと爪が厚くなってきます。
これは、爪の伸びる速度が若い頃よりもスローペースになり、その分厚みが出るというメカニズムです。
そこにさらに、加齢によって爪内部の油分・水分が失われていきます。
爪が厚くなってきている分、爪の乾燥が進行してしまいます。
爪というのは、乾燥が進むと縮みます。
それによって巻き爪が起こりやすくなっていくのです。

 

爪が厚くなっている分、巻き爪になりますと炎症などの問題が深刻化します。
年齢的な衰えから、自分でケアを行うことも難しい状況であったりすると、近くにいらっしゃる方が気が付いたときには、大変な事態になっているケースも多いです。
実際のお話、フスフレーゲサロンへご高齢のご家族をお連れいただくことは大変多いのですが、状況的にはとんでもないことになっている場合も少なくありません。
ご家族も心配そうで、こちらまで胸が痛みます。

 

先ほどお話をさせていただきました通り、高齢になりますと爪の性質上、それまで巻き爪を経験したことがない方でも知らぬ間に巻き爪になっていることがあります。
近くでお世話をなさっている方は、足の爪のチェックをできればこまめに行っていただければと思います。
そして巻き爪に気が付いた際は、なるべく早めにフスフレーゲサロンへお越しいただき、ツメフラ法による施術をおこなって巻き爪を解消してまいりましょう。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2017.12.07更新

皆様こんにちは!埼玉県さいたま市の曽我外科医院に隣接する「フスフレーゲサロン」の代表、フスフレーガー曽我彩子です。
巻き爪になる原因の一つに、「歩き方」があります。
そうお話をすると、ビックリされる方も多いかもしれません。
実際、「歩き方が原因になるとは、考えもしなかった」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

 

巻き爪になる原因【歩き方】



まずは関節などに問題を抱えており、本来の歩行ができていないというケース。
このような場合、足に通常ではかからない変な力がかかってしまっていることが多いです。
片足だけに、負荷が大きくなってしまっていることもあります。
それが原因となって巻き爪を引き起こしてしまうことがあるのです。

これに関しては、ケガや病気による関節などの問題を排除することが巻き爪の予防に直結します。
治療が可能なものに関しては、まず外科、皮膚科、整形外科等での治療を優先してください。
また中には、難治性のものもあると思います。
このような場合は巻き爪の予防策を講じるために、ツメフラ法の施術を行うのがベストになるでしょう。

 

次に、履いている靴のサイズが合っていないというケースです。
特に靴のサイズが多きすぎる場合、歩行の際にきちんと歩けません。
そうすると足の指に力を入れて歩いていることが多く、それが巻き爪の原因となってしまうのです。

 

世の中、「オーダーメイドの靴しか履かない」という方ばかりではありません。
逆に、既製品の靴を購入する人の方が大半かと思います。
それでなければ、巷に存在する靴屋さんは廃業してしまいますね。
そして既製品を購入するにあたっても、シューフィッターのアドバイスを受けて購入しているという方は少ないと思います。
(シューフィッターというのは、シューフィッティングの専門家です。靴というのは靴を選ばれる方の健康管理に影響を及ぼすということを念頭に置き、足に関する専門的な知識とその方に合う靴を見出す技能を持っていて、足の疾病予防を考えた靴を提案してくれるのです。)
そう考えると、自分のサイズに合っていない靴を履いている方って、意外と多いのではないかと思います。

 

靴のサイズなどが原因で歩行に問題がある場合、巻き爪を予防するためにはまずは、自分に合ったサイズの靴を履くということが重要になってきます。
サイズというと、いわゆる「〇センチ」という長さのサイズを思い描きますが、幅なども含めたサイズです。
オーダーメイドで靴をつくる、シューフィッターのアドバイスを受けるというような工夫も一つの手段かと思います。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

医院へのお問い合わせ
医院へのお問い合わせ

医院紹介

048-882-4950
〒330-0072 埼玉県さいたま市
浦和区領家5-10-15
side_telsp.png
〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15

[平日]9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

[平日] 9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]
9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲ ブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa
  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa