ドイツ式フットケア
フスフレーゲブログ

2018.05.18更新

先日は湾曲爪についてお話をさせていただきました。
本日は同じく巻き爪の種類の一つ、陥入爪についてお話をしたいと思います。
読み方は「かんにゅうそう」です。

 

実は湾曲爪は、陥入爪の変形バージョンとも言えます。
陥入爪とは爪の左右の角が、側爪廓に食い込んでいる状態を言います。
そして、爪の角が肉に突き刺さっている状況になるので、痛みを生じますし爪廓部に傷をつけてしまうこともあります。

 

多くの場合が、爪の端を短く切り込みすぎてしまう、つまり深爪が原因となります。
端を切りすぎないようにすることで、陥入爪を予防できます。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.05.10更新

今日は巻き爪の種類の一つ、湾曲爪についてお話をしたいと思います。
読み方は「わんきょくそう」です。

 

爪はもともと左右が少し湾曲しています。
見ていただけると、お分かりいただけますね。
これは足の爪も手の爪も同じです。
この湾曲がきつくなり側爪廓に巻き込んでしまい、爪廓部に傷をつけてしまうこともあります。
爪廓に爪が湾曲して巻き込んでいくことで、痛みを生じます。
これが湾曲爪です。

 

爪の左右の端っこが巻いていくので、ぱっと見で確認しづらく、気が付いたときにはかなり進行してしまっているというケースも多いです。
そのため、炎症がひどくなってしまう方も少なくありません。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.05.04更新

フスフレーゲサロンでは巻き爪の軽度・中度・重度によって、ツメフラ法の施術料金が異なります。
基本的に、当サロンにて初めて巻き爪矯正を行われる方は、中度もしくは重度のカテゴリーになります。


軽度というのは当サロンで過去に、ポドフィックスの施術をお受けいただいたことがある方を指しています。
重度というのは、巻きがきつすぎてほぼ「のの字」の状態になってしまっているようなケースです。
つまりそれ以外の巻き爪の方は、中度に振り分けられるケースが一般的です。


一度、巻き爪の状況を拝見しませんと、はっきりとした料金をお伝えできませんので、お気軽にご相談ください。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.04.25更新

VHO矯正は、オートニクシー研究所で開発された矯正法です。
別名3TO(スリーティーオー)矯正とも呼びます。
これは三つのワイヤーから構成されている装具なので、このように呼ばれるようになったといわれています。

 

ツメフラ法とこのVHO矯正の大きな違いは、VHO矯正の場合、日本では基本的には医師でなければ行うことができないという点です。
それも医師ならだれでもOKということではなく、ライセンス取得済みの医師でなければなりません。

 

またツメフラ法は、爪の先端部分に近いところに装着するのに対し、VHO矯正は爪の中央部分に装着します。
これから伸びていく爪を巻かないようにするという矯正法になりますので、ツメフラ法のように爪がすぐに開くというものではなく、矯正に半年から一年という長い年月がかかるという特徴があります。

 

そして、ワイヤーは固定されていますので、爪が伸びれば爪先の方へ位置が動いてしてしまいます。
そのため施術しておおよそ3ヵ月で、装具の付け替えを行うことになります。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.04.23更新

B/Sスパンゲ法というのは、ドイツにある「Bernd Stolz GmbH社」が開発した巻き爪矯正法です。
Bernd Stolzの頭文字をとって「B/Sスパンゲ法」というそうです。

 

ツメフラ法は、日本の医師が開発したものですので、ドイツ発か日本発かという点も違うところなのですが、大きく異なるのは矯正装置の素材や形状です。
ツメフラ法は、形状記憶合金でできたワイヤーを使うのですが、B/Sスパンゲ法は乳白色の平らなプレートを爪の表面に貼り、プレートの反発力を使って巻いた部分を持ち上げる矯正法です。

 

ツメフラ法のようにすぐに爪が開くということはありませんし、難点としては途中でプレートが取れてしまうことが多いです。
プレートが取れてしまいますとそのプレートはもう使えませんし、ご自身ではつけることはできないというところも、ツメフラ法とは違います。
また巻きの状況がきついと、矯正に時間がかかる傾向があります。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.04.16更新

ツメフラ法の場合、炎症があっても矯正は可能です。
ただ、この場合はお医者様にまずはご相談していただき、お医者様の指示をあおいでの施術となります。
肉芽などがひどい場合は当然、治療が優先されることもあります。

 

そのような場合、ご自宅近くの病院で治療を済ましてからいらしていただくか、当フスフレーゲサロンであれば、曽我外科医院が併設されていますので、治療後すぐにツメフラ法をはじめることができたり、炎症の経過観察などを医師が行う環境が整っているといえます。

 

治療が終わりましたら、巻き爪の矯正をどのように進めていくのかをプランニングしていきます。
通常、炎症がある場合はツメフラキャップという装具からはじめることが多いです。

 

炎症が起こってしまうと、痛みも倍増します。
このような状況になってしまった場合は、早めに巻き爪矯正のご相談をいただきたいと思います。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.04.11更新

足の指の爪が巻き爪になる理由はいろいろあります。
その中でも大変多いのが爪の切り方です。


爪を切りすぎる、いわゆる深爪傾向の方は、それが巻き爪の引き金となることが多いです。
また、毎日履いている靴も巻き爪の原因となります。
特に高いヒールを履いている方は、巻き爪リスクが高いといえるでしょう。
加齢による巻き爪も多いです。


あとは、遺伝や内的要因も関わっているケースがあります。
内的要因とは、もともと巻きやすい爪であるということです。
つまり、多くの方が巻き爪になる可能性を持っているといえるでしょう。

 

巻き爪にならない、巻き爪を解消していくためには、ツメフラによる巻き爪矯正が有効的ではありますが、上記に述べました原因を排除していくことも重要です。
ただ遺伝や内的要因の場合は、排除することは不可能ですから、ツメフラを使って予防に努めましょう。
ツメフラは、巻き爪を矯正するだけでなく、予防ができるので大変便利です。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.03.12更新

皆様こんにちは!埼玉県さいたま市の曽我外科医院に隣接する「フスフレーゲサロン」の代表、フスフレーガー曽我彩子です。
本日は、当サロンで行っているツメフラ法という巻き爪矯正の方法をご説明させていただきたいと思います。

 

巻き爪というのは、どのように治っていくのでしょうか?
実は、巻いている爪を開いていくのです。
そのとき使用するものが、「ツメフラ」という巻き爪矯正装具です。
ツメフラという装具は、超弾性を示す形状記憶合金でできています。
この装具は現役の医師が開発をしたもので、巻き爪矯正器具としては大変画期的なものです。

 

巻き爪は開いて治していきますが、この時、痛みが出ることはございません。
昔の巻き爪矯正法は、大掛かりな手術が必要であったり、痛みが生じるものもありましたが、その点でもツメフラ法は安心であるといえます。
完治までは、一般的には三ヵ月かかります。
時間をかけて巻いている爪を開いていきます。
巻き爪の状況は人によって異なりますが、ひどい巻き爪でも治すことが可能です。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.03.06更新

皆様こんにちは!埼玉県さいたま市の曽我外科医院に隣接する「フスフレーゲサロン」の代表、フスフレーガー曽我彩子です。
当サロンへ巻き爪矯正のご希望でいらっしゃる方は、老若男女さまざまです。
実は、小学生のお子様もいらっしゃいます。

 

先日も小学校4年生のお子様がお母様とともに施術を受けにいらっしゃいました。
ツメフラ法をつかって、巻き爪の矯正を今も継続中です。
ツメフラは、サイズのアジャストがしやすいので、小さなお子様の巻き爪矯正にはピッタリの方法です。

 

お子様が痛がる姿は、親御様誰だって見ていたくはありません。
すぐに痛みから解放されますので、お子様の苦痛をすぐに和らげて差し上げられるのも親御様にとっては利点であると考えます。

 

ちなみに、こちらのお母様がお連れになったお子様はもうお一人。
実は、ご兄弟お二方とも巻き爪になってしまっていました。
巻き爪の原因の一つに、爪切りの仕方があります。
お母様、お父様の爪の切り方が深爪気味だと、お子様であっても巻き爪になってしまうことがあるのです。
注意したいですね。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2018.03.01更新

皆様こんにちは!埼玉県さいたま市の曽我外科医院に隣接する「フスフレーゲサロン」の代表、フスフレーガー曽我彩子です。
当サロンへ巻き爪の矯正にいらっしゃる方の中には、ご高齢の方も多いです。
以前、こちらのブログで書かせていただいておりますが、巻き爪の原因の一つに「加齢による爪の変化」がございます。
それゆえに、高齢者の巻き爪事情というのはお若い方のそれとはまた少々異なるものの、深刻さは同様です。
介護施設などの現場でも、ご本人そして介護者それぞれ、ご高齢の皆様の巻き爪にはお悩みになっていると耳にしております。

 

この間も、ご高齢の方がいらっしゃいました。
爪の厚みもかなりあり、巻きもひどい状況でした。
ツメフラ法の施術を行い、このような状況でもしっかりと巻き爪矯正を行うことができました。

 

ご高齢の方の場合、その後のご自宅でのケアとしてツメフラをご自身でおつけになることが難しいというケースは多いです。
当サロンではメニューに「爪切り」がございます。
ご高齢でツメフラを自分ではつけられない方には、この爪切りでサロンへ来ていただければ、そのときに一緒に装着させていただいております。
お気軽にご相談いただければと思います。

 

コース終了後に、自分でツメフラを装着できない方がサロンで付ける場合、
施術の金額+1,000円でさせていただきます。
爪切り+付け直しの場合は2,160円、通常のフスフレーゲ+付け直しは5,400円となります。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

前へ
医院へのお問い合わせ
医院へのお問い合わせ

医院紹介

048-882-4950
〒330-0072 埼玉県さいたま市
浦和区領家5-10-15
side_telsp.png
〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15

[平日]9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

[平日] 9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]
9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲ ブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa
  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa