ドイツ式フットケア
フスフレーゲブログ

2014.07.15更新

曽我外科医院におけるフスフレーゲ施術の経験上としては、巻き爪で悩んでいる方は、女性よりも若干、男性の方が多いように感じます。

【爪の切りすぎ】

巻き爪の原因は色々ありますが、一番多いのが、「爪の切り方」です。
つまり、爪の切り方が悪いと、巻き爪になってしまうという事ですね。

日本人は、一般的に几帳面と言われるA型の方が多いからでしょうか?
爪を切りすぎてしまう傾向があるのです。
爪の端を、深く切りすぎてしまうと、巻き爪になりやすくなってしまうのです。

【なぜ男性の方が多いのでしょう?】

もちろん、女性の巻き爪の患者様も多いのですが、女性は近年、ネイルサロンなどに行く習慣ができたというところもあるのでしょうか?
爪をきちんとプロに切ってもらっているからか、プロに指導されているのか、巻き爪患者人口が、昔より減っているように感じます。

でも男性は、昔と変わらず自分で爪をカットしていますよね。
だから男性の患者様が、多くなってきているように感じるのかもしれません。

【正しい爪の切り方】

巻き爪にならないようにするためには、切りすぎに注意して、左右の端はスクエアカットにするのが理想的です。
当院に来ていただければ、私が適切な指導と施術を行います。
巻き爪に悩んでいる方は是非、当院でフスフレーゲ施術をしてみてくださいね。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

2014.07.08更新

この時期は、気候的に穏やかで、スポーツを楽しみたくなる季節ですね。
スポーツは、健康やリフレッシュを考えてもとても良いものですので、皆様にも思いっきりスポーツを楽しんでいただきたいと思うところなのですが、あまり無理してスポーツをしてしまったり、部活動やサークル活動などで同じスポーツを継続して行っていると、足のトラブルに発展してしまうことがあります。

例えば、巻き爪の原因となるスポーツが、陸上競技です。
私のところに施術に来てくださる巻き爪の患者様にも、「元陸上の選手でした。」という方や、「普段からマラソンを日課にしています。」という方がたくさんいらっしゃいます。

巻き爪の施術は、早めにスタートする方が完治も早いです。
巻き爪が気になるようでしたら、すぐにご相談ください。

また、剣道など足の一部分に負荷がかかる裸足で行うスポーツは、魚の目の原因となります。
このようなスポーツをしている方が、魚の目になってしまうのは仕方がない事なので、早めにケアをしていくようにしましょう。

フスフレーガーとしては、「スポーツは、どんなものでもほどほどに。」とお話しています。
自分の足と相談しながら、スポーツを楽しんでいただけたら・・・と、思っています。

投稿者: 曽我外科医院 フットケアサロン

医院へのお問い合わせ
医院へのお問い合わせ

医院紹介

048-882-4950
〒330-0072 埼玉県さいたま市
浦和区領家5-10-15
side_telsp.png
〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15

[平日]9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

[平日] 9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]
9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲ ブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa
  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa