痔でお悩みの方へ

痔でお悩みの方へ

「痔は生活習慣病」と呼ばれるほど、多くの方が悩まれている症状です。発症する場所によって痔の種類なども違っています。また、痛みや出血に限らず「便が細い」場合も、痔の可能性があります。便の状態も含めて、お尻周りで心配や不安がございましたら、どのようなことでもご相談ください。

痔の種類(気になる病名をクリックしてください)

いぼ痔(痔核)

男女を問わず、痔の中で最も多い症状です。肛門を閉じる周辺には血管が集まっている箇所があります。ここに負担がかかると組織が引き伸ばされ、肛門の外へ飛び出したり出血が起きたりします。また、いぼ痔には内側の直腸にできる「内痔核」と、外側の肛門にできる「外痔核」があります。

内痔核

初期は排便時の出血、進行すると炎症とともに痛みが出現し、排便時に脱出するなどの症状が出てきます。治療は結紮術、または脱出を伴う内痔核に対して、当院では「ジオン注射療法(ALTA療法)」を実施しています。痔核を切り取る手術と違い、大きな傷口ができませんので、痛みや出血を抑えられるのが特徴です。

外痔核

「下痢や便秘を繰り返すうちに異物感が現れ、痛みを伴う」というのが典型的です。大きさによっては椅子に座ることすら困難になるでしょう。放っておくと裂けてしまい、出血を伴うこともあります。治療は薬物療法が基本となります。

切れ痔(裂肛)

便秘などで硬い排泄物を出す際に、肛門が裂けてしまう痔です。症状としては「排便時の痛み」「排便時のティッシュに少量の血が付く程度の出血」「肛門が狭くなる」などがあります。放置してしまうと症状が悪化し、肛門にポリープや潰瘍が現れます。状態によって治療は内服薬や生活習慣による保存療法、軟膏などによる薬物療法、または手術となります。

あな痔(痔ろう)

肛門周囲のお尻から膿がでる症状です。細菌感染などによって直腸と肛門の境目が化膿すると、膿が出た部分に沿って細いパイプ状の穴が出現し、さらに状況を悪化させます。治療法としては手術しかありません。

痔の治療方法

痔の治療は、大きく3種類に分けられます。必ずしも手術を伴うわけではございませんので、医師と相談しながら、最も良い方法を考えていきましょう。

外科手術

切除する方法、注射によって患部を固める方法(ジオン注射療法)、痔を縛って落とす方法などがあります。当院では日帰り手術も対応していますので、気軽にお問い合わせください。

薬物療法

お薬で便をスムーズに排出し、自然治癒につなげていく方法です。座薬のほか内服薬もご用意しています。

保存療法

食事などの生活習慣を見直し、病状の改善を図っていく方法です。辛い料理や脂っこい食べ物は、お尻に悪影響を及ぼす場合があります。

医院へのお問い合わせ
医院へのお問い合わせ

医院紹介

048-882-4950
〒330-0072 埼玉県さいたま市
浦和区領家5-10-15
side_telsp.png
〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家5-10-15

[平日]9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

[平日] 9:00~12:00 15:00~19:00
[土曜]
9:00~12:00 15:00~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝日

  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲ ブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa
  • 足のお悩み解決 フスフレーゲ
  • 巻き爪のお悩み解決 ツメフラ法
  • 事務長ブログ
  • フスフレーゲブログ
  • 痔のQ&A
  • 予防接種情報
  • 藤田寛之オフィシャルサイト
  • teamserizawa